割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のサイト  株価低迷の今が株式投資のチャンスです

賢く儲ける株式投資

FX  エクセルまにあ  あらのHP   麻雀研究所  数独まにあ  ダイエット



株式投資トップ

はじめに

株式投資入門

株式投資講座

長期投資のすすめ

投資家心理

コラム

おすすめ証券会社

日経平均株価の分析

株の用語集

株の格言集

注目銘柄

おすすめの本

ポートフォリオ

これまでの投資成績

買値を忘れろ

ここでは、買値を忘れろ、という話をします。

株を買った場合、どうしてもその株をいくらで買ったのか、
という情報をいつまでも覚えているものです。

しかし実はこれは悪いことであると私は思います。

実際のところ、売買の反省をしたり、投資成績を管理したりする必要があるため、本当に忘れてしまっては困るのですが、その株を売るときに買値を意識する必要はない、という意味です。

 

例えば、10万円の株があったとして、
それを5万円で買ったとしても、20万円で買ったとしても、
売り時は変わらないべきだと思います。

つまり、その会社の現状を評価して、
10万円の価値がないのであれば売るべきで、
10万円を大きく越える価値があると思えば売らないべきです。

この判断を行うときに、
いくらで買ったからどうこうというのは、
判断の邪魔にしかならないわけです。

 

マネー雑誌などを見ていると、
損切りラインを必ず決めて、それを下回ったら売ること、とか、
何割以上儲かったら売ること、とかいう記述がよくありますが、
あんなのは手数料を稼ぎたい証券会社の思惑です。

長期投資家たるもの、目先の何割かの変動に惑わされてはいけません。

ましてや買値からいくら動いたとかいうのは、
その会社の価値とは全く関係のないことで、
売り時を判断する材料にはなりえません。

 

このような理屈は、頭ではわかっているつもりでも、
毎日のように含み益を計算したりしているうちに、
ついつい忘れてしまうものです。

変な言い方ですが、買値にこだわらない習慣がつくまでは、
意識して買値を忘れるように努力する必要があると思います。

 

証券会社の煽りに騙されて、無駄な手数料を払わないようにしましょう。  


エクセルまにあ あらのホームページ 賢く痩せるダイエット あらの(一人)麻雀研究所 数独まにあ お釣 り FX なたでぽぽ

割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のためのサイト
 Copyright (C) 2005-2015 賢く儲ける株式投資 All Right Reserved