割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のサイト  株価低迷の今が株式投資のチャンスです

賢く儲ける株式投資

FX  エクセルまにあ  あらのHP   麻雀研究所  数独まにあ  ダイエット



株式投資トップ

はじめに

株式投資入門

株式投資講座

長期投資のすすめ

投資家心理

コラム

おすすめ証券会社

日経平均株価の分析

株の用語集

株の格言集

注目銘柄

おすすめの本

ポートフォリオ

これまでの投資成績

ただ株

1,000円の銘柄を1,000株買うとします。
使うお金は100万円。
その株が2,000円になったときに500株売ります。
入るお金は100万円。
そうすると、残りの500株はタダで手に入ったことになるので、
気楽にいつまでも持っていることができ、
もしも上がったりしたらウハウハ。

タダ株という考え方があります。

株価が2倍になったときに半分売れば、使ったお金はすべて回収できます。

つまり、残りの半分はタダで手に入れたことになるので、
その後の値動きをあまり気にする必要がありません。

もし暴落しても損はありませんし、
最悪その会社が潰れてしまっても、プラスマイナスゼロで済みます。

ノーリスクで気楽にいつまでも保有できるので、
いいことばっかり、という理屈です。

 

これは一見すると有効な考え方に見えるかも知れませんが、
私はまったくのナンセンスだと思います。

いや、むしろ有害であると言った方がいいかも知れません。

 

買値を忘れろのところでも書いていますが、
そもそも、その株をいくらで買ったかということは、忘れるべきことなのです。

あくまでも、現在の企業の価値と株価との比較によって、
売買の判断をするべきです。

買値からいくら下がったから売るとか、いくら上がったから売るとかいうのは、
本来おかしな話なのです。

 

上の例で言えば、2,000円の株を500株持っているので、時価としては100万円です。

これをタダ株とみなすということは、つまり簿価で評価しているということです。

企業の決算ならともかく、自分の資産を評価するのに簿価で考えても
あまりいいことはありません。

時価で考えて、正しく評価すべきなのは明らかです。

 

2,000円が1,000円になれば50万円の資産が減るのです。

どうせただで手に入れたものだから別にいいや、
と言ってこれを許容するのは誰がどう考えても間違っていますし、危険なことです。

しっかりと時価で計算し、冷静に売買の判断を下すようにしたいものです。


エクセルまにあ あらのホームページ 賢く痩せるダイエット あらの(一人)麻雀研究所 数独まにあ お釣 り FX なたでぽぽ

割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のためのサイト
 Copyright (C) 2005-2015 賢く儲ける株式投資 All Right Reserved