割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のサイト  株価低迷の今が株式投資のチャンスです

賢く儲ける株式投資

FX  エクセルまにあ  あらのHP   麻雀研究所  数独まにあ  ダイエット



株式投資トップ

はじめに

株式投資入門

株式投資講座

長期投資のすすめ

投資家心理

コラム

おすすめ証券会社

日経平均株価の分析

株の用語集

株の格言集

注目銘柄

おすすめの本

ポートフォリオ

これまでの投資成績

投資家と投機家

世の中には二種類の人間がいる。
それは投資をする人としない人だ。

株式市場に参加している人を分類すると、

    ○ 投資家

    ○ 投機家

    ○ トレーダー

    ○ ギャンブラー

の4種類になります。

これは私の定義であって、人によっては違った分類をするでしょう。

例えば、投機家とトレーダーを一緒にしたり、
投資家とそれ以外に分けたり、
あるいは株をやる人はみんなギャンブラーだと思っていたりします。

それはそれでいいのですが、ここではこの4種類で考えていきます。

 

まず、それぞれのタイプの定義をしておきます。

投資家

    利益を得ることを目的に、割安な株を探し、長期間保有する人

投機家

    利益を得ることを目的に、短期間に株価が動くと思う株を売買する人

トレーダー

    株価の変動を利用して、売買によって利益を得ることを目的にする人

ギャンブラー

    利益を度外視し、株の売買でスリルを味わう人

 

ギャンブラーだけが他と違い、利益を得ることを優先しません。

もちろんギャンブルは勝った方が楽しいのですが、
負けたとしてもそれなりのスリルが味わえれば満足したりします。
また稀に、負けることに快感を覚えるという破滅的な性格の人もいます。

 

次にトレーダーですが、これになるためには自由な時間が必要です。
つまり一日中ザラ場に張り付いていなければトレーダーにはなれません。

正確にはトレードすることは出来ますが、それで儲けることが出来ないという意味です。

トレーダーとして勝つためには、裁定取引や、
行動ファイナンス理論でいうところのアノマリーを利用する必要があります。

しかしそのようなおいしい話がいつまでも市場に落ちていることは少ないため、
基本的にはデイトレーダーをやっていなければ、あまり儲かりません。

私のような兼業投資家は、デイトレすることは出来ませんので、
トレーダーにはなりたくてもなれないということです。

 

最後に投資家と投機家の違いですが、
一番大きいのは銘柄選択の部分です。

投資家がバリュー株やグロース株を中心に投資するのに対して、
投機家は値動きの軽い銘柄を好みます。

投機家の狙いは短期間に大きな利益を得ることなので、
長期的に見てその企業が成長するかどうかということは
あまり重要視する必要がないのです。

また、投資家は基本的に空売りはしませんが、
投機家は場合によっては売りから入ることもあり得ます。

 

リスクに関しては、当然どの手法であっても使う金額によって変わってきます。

なので単純な比較は出来ませんが、
一般的に投機家は集中的に資金を突っ込む事が多いという傾向はあるでしょう。
したがってリスクは高いということができます。

トレーダーに関しては、確実な裁定取引のみを狙っていれば、
ほとんどリスクなく利ざやを稼ぐことも出来ます。

よって、長期投資家と比べてどちらがリスクが低いかというのは、
実は微妙なところではないかと思います。

もちろん、ギャンブラーに関しては問題外です。

 

以上のように考えると、世間で言われているほど、
デイトレードや短期投機も悪いものではないように思われます。

基本的には利益を出すことを目的としているので、
リスクコントロールさえできていれば、破産することも少ないはずです。

問題は投機とギャンブルの境い目です。

投機を繰り返しているうちに、だんだんといいかげんになってきて、
適当に投機し始める人が多いのではないでしょうか?

投機に根拠がなくなったとき、それはすでに投機とは呼べません。

ただのギャンブルです。

ここをしっかり抑えておく必要があると思います。


エクセルまにあ あらのホームページ 賢く痩せるダイエット あらの(一人)麻雀研究所 数独まにあ お釣 り FX なたでぽぽ

割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のためのサイト
 Copyright (C) 2005-2015 賢く儲ける株式投資 All Right Reserved