割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のサイト  株価低迷の今が株式投資のチャンスです

賢く儲ける株式投資

FX  エクセルまにあ  あらのHP   麻雀研究所  数独まにあ  ダイエット



株式投資トップ

はじめに

株式投資入門

株式投資講座

長期投資のすすめ

投資家心理

コラム

おすすめ証券会社

日経平均株価の分析

株の用語集

株の格言集

注目銘柄

おすすめの本

ポートフォリオ

これまでの投資成績

リベンジ 1

うわー ソフトバンクで30万やられたー
ちくしょー 絶対に取り返してやるぞー

値上がりすると思って買った株が、意に反して値下がりしてしまうことがあります。

これは、株式投資を行っている人であれば、誰でも経験したことがあるはずです。

そんなときに、どのように考え、どのような行動を取るべきか、

という事を考えてみましょう。

 

まず、一番いけないのは、冷静さを失ってしまうことです。

例えば5,000円で買ったソフトバンクが、3,000円まで下がってしまったとしましょう。

このときに、冷静さを失った状態で売ったとすると、それは狼狽売りです。

その後株価がV字回復し7,000円とかになったときにはすごく後悔するでしょう。

逆に平均取得価格を下げようと買い増したとすると、それはナンピンです。

下落が止まらずに、2,000円になってしまったときにはやはり後悔するはずです。

 

もちろん、必ずしも悪い方向に株価が動くわけではありません。

ときにはナンピンが成功して、結果的に利益が出ることもあるでしょう。

3,000円の時点で売ったおかげで、2,000円まで下がったときに

余裕を持って買い直すことが出来るかもしれません。

しかし、それは運が良かっただけの話で、言ってみれば賭けに勝っただけです。

つまり、投資行動ではなく、ただのギャンブルになってしまっています。

 

結果がどうであれ、このような危険な事をしていては、

遅かれ早かれ破産に近いダメージを受けて市場を追われることになるでしょう。

株の売買をするときには常に冷静でなければなりません。

 

ではなぜ冷静さを失ってしまうのでしょうか?

それは5,000円であった株価が3,000円に下がってしまったという意識があるからです。

 

 リベンジ2に続く


エクセルまにあ あらのホームページ 賢く痩せるダイエット あらの(一人)麻雀研究所 数独まにあ お釣 り FX なたでぽぽ

割安株、成長株への長期投資によって資産倍増を目指す、真面目な長期投資家のためのサイト
 Copyright (C) 2005-2015 賢く儲ける株式投資 All Right Reserved